私たちについて

HOME > 私たちについて > 企業理念

企業理念

業界の前例からは学ばない。真似をしない。

リクルートに入社以来24年間、ずっと人材採用の仕事に携わってきました。
若い頃からいつか起業したいと考えていましたが、どんな事業で起業するかを決められずにいたのです。
そんな時、大手鉄鋼商社の経営者のお話を聞く機会があり「40代にもなって鉄屋の自覚のない人がいる」という言葉に衝撃を受けました。
この言葉で「私は人材屋だ」とはっきりと自覚し、2013年5月に事業をスタートしました。

売り上げのために人を転職させるのではない。
その人にとっての良い転職を決めた結果として、それが売り上げに戻ってくる。
業界の前例からは学ばない。何も真似しない。
「これから、私たちはパーソナルエージェントになるんだ」と当時の設立メンバーに意気揚々と話しました。
リクルートでは求人広告を通じた企業側のエージェントとして採用活動を支援してきましたが、今は個人側のエージェント、つまり“パーソナルエージェント”として、
その人の人生に伴走していこうと決めたのです。
メンバーからは「やったこともないのに何故そんなに自信満々なんですか」と笑われましたが、今では社員全員が弊社の理念を体現してくれています。

私たちが大切にしている考え方

もう一つ決めたことは、「転職を考えている親しい人を紹介してもらえたかどうか」を、弊社のもっとも大切な指標にしようということです。
転職が必ずしもその人にとってベストな選択ではないと感じれば、今の仕事を続けることをお勧めしています。
「話ができてスッキリした」と喜んで帰られたり、その方からまた新たなご紹介をいただいたり、数年後に改めてご連絡をいただくケースもあります。
個人の皆さまがどうしたら幸せになれるのか、それを一緒に考え、実現していく仕事です。
こうした思いを持ってスタートしたヒューマンシップは、私たちの予想を超えて、多くの個人や企業の皆さまからお声がけをいただくまでになりました。

「人が主役」

これがヒューマンシップの根底にある考え方であり、社是です。
社員を大切にし、一人ひとりがそれぞれにとっての最大のパフォーマンスを発揮した積み上げが企業の成長に繋がります。
そして、これは私たちだけに言えることではありません。
世の中に生き生きと楽しんで働く社員が増えれば、その企業の業績は良くなり、
そんな人たちが溢れれば、社会はきっともっと良くなると信じています。

これからも私たちは相談者の皆さまのキャリアや人生をより良く支援できるよう、
パーソナルエージェントとして、さらなる成長を目指してまいります。

TOP