義務と権利(第2回)

2013/05/02

本日は仕事とキャリアにおける義務と権利について綴ってみたいと思います。

大きな考え方では仕事は義務、キャリアは権利です。仕事とは成果を期待する人がいて、それに対しての行動や結果に対して評価が行われ、報酬(金銭だけではなく機会であったりします)が支払われます。

これに対して、キャリアは本人以外の誰のためのものでもなく、あなた自身のものです。つまり、本来どんなキャリアを築くかは一人一人がもっている権利なのです。

しかし複雑に思えるのは、キャリアは一人だけで築くことは難しく、社会の中で人と人の間の中で築かれていくものであり、キャリアを築くための機会は、知らない誰かが創り出してくれるのではなく、あなた自身が目前の仕事で期待以上の成果をあげていくことで次第に作り出されていくというところです。

義務と権利は複雑に絡み合っています。大概は権利から始まることはなく、義務を果たす中で権利が多くなっていくものなのです。

TOP