(第35回)安定とは

2013/07/11

人はどのような場合に「安定」を得るのでしょうか。
バランスボールに乗った場合で例えてみたいと思います。
空気のはいったパンパンのバランスボールの上に
じっと座って安定しようとすると、
はじめは簡単に思えても、次第に小刻みに揺れ出し、
気を抜いたらあっという間に転げ落ちてしまいます。
逆に、長く座り続けようという気構えで座ると、
前後左右に動きながら、だんだんコツがつかめてきます。
つまり、安定は目の前を維持しようとして得られるものではなく、
常に不安定で試行錯誤する中だからこそ、
得たり感じたりすることができるのです。

TOP