(第33回)執念あるものは

2013/07/02

物事を成し遂げるための大きな要素に「執念」があります。
簡単な物事を遂行する時には影響しませんが、
未経験なことや難しい物事に取り組む時は、特に大きな影響を持ちます。
大抵の場合、難しいことや未知の領域への挑戦はすぐには変化も起きませんし、
成果も簡単には上がりません。
しかし、執念がある人は成功を前提に
いかにしたら成果が上がるかに執着し、
成果が上がるまで試行錯誤しながらやり続けるので、
それが結果的には成功へとつながっていきます。
「執念無き者は不可能から発想するが、執念ある者は可能から発想する。」

TOP