(第26回)事前準備の重要性

2013/06/19

最初からなにかができる人はほとんどいません。
「できるようになった人」と「できないままの人」
を分けるのは、できるための準備をしたか、やりきり続けたかどうかに尽きます。
仕事だけでなく、私生活に至るまで、いかに「準備しているのか」にかかっているのです。
まず、対象になることをイメージをすることから始めます。
イメージする範囲は実際に行っている場面から成功/失敗の結果まで。
この時に重要なのは失敗をどうイメージするかです。
なぜなら、失敗の恐怖の方が回避の心理が強く働くので
「そんな自分は嫌だ」というイメージを持って物事を準備するほうが、思いも継続しやすく、実際の行動も緻密になるからです。
成功のための事前イメージと事前準備の習慣を身につけていきたいですね。

TOP