(第10回)迷うということ

2013/05/17

仕事をしていて、たくさんのモノゴトを進めると当然のように迷うことに出くわす。
果たして、迷うことは良くないことなのだろうか?
迷うとは未経験の中で生まれる。毎回同じことを繰り返し、結果が変わらなければ迷ったりしない。
逆に迷わなかったら、考える必要がなく、反射的に物事をこなしているか、変化は乏しい成長感のない環境にいる可能性がある。
重要なのは迷うことではなく、迷っても自分なりに意思決定して進んでいくことだと思う。

TOP