(第6回)目的を考える

2013/05/10

何を始めるにしても「目的」が重要になります。「いつまでに何をどうするのか?なぜやらないとならないのか?」などを明らかにしなければ、ぶれてしまい物事は上手く進まなくなります。
そして仕事の場合は自分だけの目的だけでは足りません。一緒に仕事をする相手の目的を理解し、自分の目的と相手の目的が同時にかなえられるように進めないとならないのです。
一つのものを作り上げるという点でいえば、会議で議論する場合も同じです。議論で勝者が出るのは本来良いことではありません。しかし、参加者が複数になる会議では全員の目的がそろうのは案外難しく、目的が共通化されていないために意見が食い違うケースが多くあります。
参加するそれぞれが会議のテーマ(目的)を理解しながら、目線をそろえ、全体として合議していくのが良い会議の在り方だと思います。

TOP