(第5回)個性って

2013/05/09

今日は個性について書いてみたいと思います。
個性は四種類に分けて考えられます。それは誰が評価するのかという軸(自分か他者
か)と自分がそれを好きか好きじゃないかという軸です。
私もそうでしたが、他者から評価を受けていた特徴を「自分の特徴はこうだ」と思い
込みがちです。しかしながら社会で(特にビジネスにおいて)は他者から評価を受け
た特徴軸で人が集まりやすいために、当初自覚していた特徴がその集団においては普
通で差別化されなかったりします。
わかりやすいケースでは高校野球や大学野球で活躍した人だけで構成されるプロ野球
があります。元々は全員がエースだったり強打者で全員が野球で長けていたはずなの
にプロ野球に入ると活躍する・しないが生まれます。
つまり、重要なのは過去に評価をされたかどうかではなく、今、他者から見て差別化
されている自分の特徴を理解し磨くことと、自分が好きだと思える特徴を自覚して、
大事にしていくことです。人から見て差別化されていても自分で好きではない特徴だ
けでは面白いと感じないですし、逆に自分が好きでも他者から見て差別化されなけれ
ば特徴になりません。両方が重なれば最高ですが、それぞれをバランス良く磨いてい
くと良いと思います。

TOP