つれづれなるままに

HOME > つれづれなるままに > 志向と経験

志向と経験

2014/11/25

多くの企業やほとんどの人材紹介会社は
職務経験(まずは職務経歴書)を選考の最優先にしています。
経理の人には経理の仕事、営業には営業のポジションでしか
選考されないことも多々あります。
即戦力を採用したい企業の立場であれば合理的かもしれませんが、
転職をしたい個人からするとギャップ感じるかもしれません。

転職やキャリアチェンジは志向の変化など
今までの何かを変えたくて、始める活動であるのに
経験最優先で選考されるということは今までの延長線上になるからです。

個人の志向は職務経験だけでなく、人間関係などの多様で複雑な経験を通して変化していきます。
大事にしたいものの優先順位も変わります。
待遇やポストが優先だった人が、社会性や貢献感の方が重要になったりします。

より良いキャリアチェンジを実現するためには
自分自身の変えたい何かを明確にして、
かなえたいこと(志向の優先順位)と
多様な経験が活かせることが重なり合う中で
選択をすることが重要だと思います。

TOP